News

February 20, 2018

SENSORS

日テレ「SENSORS」の取材で、
ABAL代表の尾小山がMCの落合陽一氏と対談させていただきました。
ABAL:DINOSAUR、MEGASTAR JOURNEYを楽しんでいただき、VRの未来について語りました。
ぜひ2月24日深夜の放送をご覧ください。

SENSORS
http://www.sensors.jp/list/index_tv.html

ABAL
https://www.abal.jp/

MEGASTAR JOURNEY
http://megastarjourney.com/

1 / 1

Please reload

 
 
 

​Works

表現が体験に変化する時代へ

近年VR・MRはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を中心とした画期的なハードウエアーとして注目を集めています。しかし、その本質はHMDなどの出力デバイスにおける技術変化ではなく「体験のパッケージ化」や「流通」といった体験を表現できる技術の誕生だと思います。その技術変化を背景に、今コミュニケーションに大きな変化が現れています。

wiseは体験コミュニケーションの基礎となる3Dデジタルデータを中心にVR・MRやインタラクティブな映像表現をはじめとした体験型コンテンツの制作を行います。

さあ6500万年前の大迫力の恐竜世界へ!!

テレビ朝日「六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION 2017」。昨年は544万人の来場を誇る六本木の夏の風物詩。日本発のフリーロームVRを手がける株式会社ABALが「ABAL:DINOSAUR」を出展。ABALによるコンテンツ企画・制作・運営までをワンストップで提供。初のオリジナルIPとしてのリリースとなった。wiseはシナリオ・演出・シーン制作などで参加。

​Media
MoguraVR
テレ朝POST
ビデオSALON
GIZMODO
Spark GINGER
livedoor NEWS
ASCII
MoguraVR
テレ朝POST
もっと見る

映画を超える没入感とゲームを超える臨場感を

wiseによる完全オリジナル作品「眠れぬ魂」はグローバルマーケットを視野に入れたJホラータイトル。「インタラクティブシネマ」と銘打ち「映画の再発明」をコンセプトに映画を超える360度全方位からの情報量、視線移動などのユーザー行動を利用したインタラクティブ性を生かした全く新しい映像体験を創造。グローバルでのリリースを行なった。

「臨済宗建仁寺派 大本山建仁寺」が所蔵する、俵屋宗達 国宝「風神雷神図屏風」を題材とし、「HoloLens」を使ったMR技術によって新しい文化財の見方を「体験する」プロジェクト俵屋宗達の意図や作品に込められた願い、題材となった「風神雷神」の由来、後世への影響など、躍動感あふれる描写やストーリーテリング展開を3Dグラフィックで表現し、建仁寺の「風神雷神図屏風」に重ねて展示。建仁寺での一般公開や、京都国立博物館での公開を実施予定。wiseはMixed Realityパートナープログラムにおける国内初のパートナーとしてシナリオ・演出・デザインなどで参加。

全ての展示を体験プレゼンテーションに

無限のバリエーションを生み出す、

AIに最適化されたCGテストコース

VERTechs株式会社からリリースされたAIによる自動運転の機能検証と学習データの作成を行うためのバーチャルテスト環境。UNREAL ENGINE4によって制作された街は、通常のゲームCGデータとは異なりAI検証に最適化されており、ビルの外観や道路構造、標識・路面表示などを自由に変化させることによって、膨大な映像シーンをスピーディーに作成することができる。プロシージャルモデリングや膨大なPBR環境の作成などをwiseが行なった。

House Reel

 

​想像力という魔法を全ての人に

人の持つ一番強い力は何でしょう?

言葉がつかえる事?道具が使える事?それとも・・・。 僕は「想像する事」だと思います。

例えばあなたに夢があるとします。

その夢が実現する瞬間を「想像」してみてください。

そのときあなたはどんな場所で、どんな仲間たちと、何にわくわくしているのか。

どんどん細かく、より鮮明にその状況を「想像」していく事で、きっと最後には夢への最初の一歩が見つかるのです。

人が想像できることは必ず人が実現できる

ジュール・ベルヌ

有名なSF作家の言葉です。とても夢のある言葉だと思いませんか?

僕たちは人の持つ想像力を信じています。

できる自分が「想像」できれば僕たちはどんな事でもできるのです。

自由に想像を広げどんな夢も描けるそれはまさに「魔法」の力です。

その「魔法」は誰の中にもきっとあります。その魔法を少しでも多くの人に感じてもらいたくて

この「ワイズ」を作りました。

wiseってWizard ( 魔法使い ) の語源なんです。いい名前でしょ?

今日も僕たちの魔法が自由に世界を駆け巡り沢山の人を彩る、

そんなところを「想像」するとしましょう。

 

代表取締役 尾小山良哉

 

Director

尾小山 良哉

Yoshiya Okoyama

1973年金沢生まれ、1996年金沢美術工芸大学卒業。同年太陽企画株式会社(企画演出部)に入社、24歳からTV-CM の演出を開始し、その後、ミュージックビデオや舞台演出なども手掛ける映像ディレクターとしても活躍。

2004年には有限会社ディスバウンドディメンションを設立、2008年同じく代表を務める株式会社drawiz、2014年株式会社wise、2016年株式会社ABAL、VERTechs株式会社を設立し、TV-CM、VP、MV、遊技機、ゲーム等幅広いジャンルでの映像制作に携わる。

<主な受賞歴>

1999年 ロンドンアワードファイナリスト

2002年 Young Gun “directors” finalist受賞

2004年 CONTAINER GROUND 2004 PREMIO受賞

2006年 ロンドン国際広告賞 ファイナリスト受賞

2007年 New York festivals of Advertising Finalist受賞

2009年 宮城・仙台アニメーショングランプリ受賞

2009年 第5回 IAA日本ベスト広告賞グランプリ受賞

2010年 第6回 IAA日本ベスト広告賞グランプリ受賞

2012年 第49回ギャラクシー賞 CM部門推奨

2018年 VRクリエイティブアワード 審査員特別賞(ABAL)

 

About us

VR、MR、AIなどの先端技術と、自社制作のCG映像との融合による「体験型のものづくり」を得意としています。高いレベルで生み出されたそのノウハウを駆使し、幅広い表現領域であらゆるシーンに技術を提供します。

業務内容

3Dモデル制作・ディレクション コンテンツスーパーバイズ・R&D

商 号   株式会社 wise

設 立   2014年3月

資本金      1000万円

代表者      尾小山良哉

従業員数     40人( グループ含 )

所 在   〒106-0047 

      東京都港区南麻布2-13-12 EM南麻布ビル5F

URL     http://www.wiseinc-net.com/

Tel       03 6453 8328 

Fax      03 6453 8329

​グループ会社
 

About us

Copyright (C) 2018 wise All Rights Reserved.